FLEETWOOD MAC Future Games

ブルースとポップ その狭間にあったもの

フリートウッド・マックの歴史は、1960年代、ピーター・グリーン(緑神とよばれた)という名ギターリストによってイギリスで始まりました。
当時のヒット曲として、”ブラック・マジック・ウーマン”があり、これはサンタナの名曲としても知られています。

’70年代に入り、ピーター・グリーンが脱退、バンド初のアメリカ人としてボブ・ウェルチが加入します。ここからフリートウッド・マックの音は、アメリカ現代文学にも通じる、ブルースを基本におきながらも、感傷的で虚無的なものへと変わっていきますが、TVや雑誌でフリートウッド・マックが特集されても、なぜかぬけおちている時代、しかしもっともすばらしい音楽を発表していった時期でもあります。やがてボブ・ウェルチが脱退、今に知られるポップなフリートウッド・マックへと変身していきます。

ピータ・グリーンの時代、ブルースでかためられた音楽が、全米チャートをにぎわすポップグループになると、よくあることですが、甘くなったと責められます。けれどこのバンドの場合、そんなことは一切ありませんでした。’60年代のブルース、’70年代のメロウな曲、そして’80年代からのポップ路線と、形態はちがうようにみえても、フリートウッド・マックが保ちつづけている空気はおなじだからなのです。そんな長い歴史をもつ彼らの中期の作品から、”フューチャー・ゲームス” をお届けします。

Latest articles

MC SOLAAR Obsolète

MCソラー 移民暴動とラップ ふつう、フランス語の歌詞は、英語発のメロディにはのりません。 これは、フランス語、英語のリズムがちがうからかも知れません。 フラン …

WAR

The World Is A GhettoThe Cisco Kid

Dr. JOHN Goin’ Back to New Orleans

I’ll Be Glad When You’re Dead, You Rascal You.

TEOREMA Ennio Morricone

Teorema -Pier Paolo Pasolini イタリアの映画監督、ピエロ・パウロ・パゾリーニの”テオレマ”は、どのようにも解 …