muzik muzik

古い曲をyoutubeで聴こうとして検索すると、突然、最新のなにかしらのCMが入ってくることがあります。それは楽器というものを使わなくても、作曲できる曲であったりします。そんなとき、このCMソングも、源をたどっていけば、どこかで、古いブルースや、黒人が強いられた歴史のなかで、うたいつがれた曲たちと、つながっているかも知れないと思うことがあります。

これまで、ZOO MUZIK EXPRESSでは、ロックの歴史のなかに刻印された、さまざまな名曲を、時代を問わず、またロックのなかのジャンルも問わず、ふり返ってきました。

黒人の口ずさむブルースから、60年代のビートルズ、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトンなど、数知れず多くの新しい音楽が生まれました。そしてそこからまた、さまざまな実験がおこなわれ、プログレッシブ・ロックなどが登場しましたが、70年代、ロックというものが、その真髄をよくつかめなくなりはじめ、それに不満をいだく若者たちが、不況という背景をもって、パンクを生みました。しかしパンクは2年で終わったとはいえ、ムーヴメントとして登場するまでには、60年代のロックとおなじように、アメリカのロースト・ジェネレーションや、ビートニクスたちの存在をも、ふかくつながりを持ちつづけてきたのです。パンクがあらわれたことで、ロックの形態はより自由になり、ニュー・ウェイヴ、グランジの時代もやってきました。しかしノイズのように、音そのものが何なのかという活動が、ヒットチャートにあらわれる名曲の裏側で、60年代後半からしずかにずっと存在しつづけていたりします。

ZOO MUZIK EXPRESSでは、これからも、この長い歴史をもつことになったロックについて、さまざまな曲たちが、どのように人間の心に印象づけられてきたか、そして音楽のみならず、あらゆる表現活動とどのようにからみあっているのか、どんなに今もまた美しく、かっこよくありつづけているのかということを考えていきたいと思っています。


What's New

Une Affaire de Femmes

主婦マリーがしたこと

マリーは戦争からもどってくる夫を待っています。
その間、おなじアパートに住む友人が妊娠したり、その堕胎を手つだったり、けれども彼女がユダヤ人であったため、いつのまにかゆくえをくらまし、マリーは涙をながすことになります。
夫はもどってきますが、マリーをさそう夫に対し、「私はきれいなシャツをきた男が好きなの」と、彼女は夫を拒絶します。
マリーは堕胎手術のかげの玄人として、知られていきます。
マリーのもとにやってくる、複雑な事情をかかえた女たちに対し、マリーは涙をながし、彼女たちとの友情をはぐくんでいきます。
マリーはあたらしい、ナチスに協力する、ハンサムな若い恋人ができます。

more

Latest articles

Shinchon Blues

1990年前後、韓国・ソウルでの若者の激しいデモについてのニュースはたくさん日本に入ってきました。 その当時、ソウルの新村(シンチョン)という場所が、若者たちが …

A Love Supreme

ジョン・コルトレーン 至上の愛 ジョン・コルトレーンは、酒と麻薬におぼれながらも、神を信じつづけました。 この”至上の愛” も、神への愛 …

Walk on the Wild Side

ルー・リード ワイルドサイドを歩け。 ルー・リードには、どこか退廃的なかげりがつきまといます。 暗くうなるようなヴォーカル、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの …

A Streetcar Named Desire

欲望という名の電車 『欲望という名の電車』A Streetcar Named Desireは、テネシー・ウィリアムズによる戯曲。1947年にブロードウェイで初演 …