ドイツロック 3つの流れ 1980年をはさんで

Nina Hagen
Klaus Nomi
Einstürzende Neubauten

NINA

HAGEN

African Reggae

ニナ・ハーゲン「アフリカン・レゲエ」

1980年は、銘記すべき年である、ロックにとって。
映画、アート、ドイツのロックが存在感を大きくみせてくれた年でもある。
1980年以前には、77~79年のロンドン・パンク・ムーブメントがあり、この動きがたった2年の輝きのあとのこしたものは、ひとつの大きな自由でもあった。
たとえばロンドン・パンク・ムーブメントの約2年後、音楽シーンにはパンクと似た表現があらわれた。グランジである。カート・コバーンというひとりの犠牲者、それはパンクのシド・ヴィシャスと重なる気がする。
しかし80年という年は、それまでのロック・シーンや生活スタイル、ものの考え方を軽く、ポップにしていった契機となる年でもある。シド・ヴィシャス亡きあと、パンク後には、音楽を追求してゆくうえで、それまでタブーとされていたり、しばられていたことが、自由に展開していった印象がある。その系譜のうえにグランジも存在するのだから、ロックはどこかでその節目をつけなければならないところがあるのかも知れない。
ニナ・ハーゲンは、1980年前後に大きな活躍をみせたが、旧東ドイツ出身で、のちに西側に亡命している。ロックには「かっこいい」という表現がいちばんぴったりくる気がするが、「アフリカン・レゲエ」もそんな一曲である。今でも逆立てた髪にガーターベルト、破れた網タイツ姿で、一つの国になったドイツのベルリン、旧東ドイツ風のカフェにたびたびおとずれるという。


クラウス・ノミ「コールド・ソング」

クラウス・ノミは、おそらくロックファン以外からは、彼の死をもってその存在を知られたのではないか。
けれど彼の容姿をみたら、その姿を強烈に記憶している人も多いと思う。1980年まで、日本のTDKのカセットテープのCMに全くメジャーに登場していた。白塗り、モヒカン、オペラの声で。そしてHIVウイルスにより、亡くなった。
クラウス・ノミの名曲はやはり「コールド・ソング」だろう。静かな、静かな、音楽である。
しかし同じアルバムでは、軽快にロックしていたりもする。
クラウス・ノミの「コールド・ソング」は、いまではカヴァーヴァージョンも誰かの手によって発表されている。
1980年は、彼が偉大な音楽をのこし、そしてこの世を去った年でもある。

次回は同じくドイツのノイズ・バンド、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンについて、書いてみたい。

Recent articles

Einstürzende Neubauten

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ほおずき市の日だった。 それは浅草でノイバウテンのライヴをみた日でした。

YONIN-BAYASHI

一触即発 四人囃子 このアルバムほど、日本発の作品であり、洋の東西を問わず、名盤ということのできる一作はないのではないか。 日本語を理解する人が、日本語の曲を聴くとき、どうも気になるのは、その歌詞の部分である。

Faces

ロッド・スチュワートの再評価 フェイセズは最高に気分いい。 ロッド・スチュワート(vo)とロン・ウッド(g)の一抹のだらしなさが、それこそほんとうにロックでかっこいい。 ここにロニー・レイン(b)という、このバンドにとっ …

POST PUNK

パンク・ムーブメントは終焉したのか? パンクときいただけで、あ、あのクズのやつらか、と思う方もいらっしゃるでしょう。たしかにパンクは英語で「ゴミ」という意味です。 1977年、ロンドンにおいて、パンク・ムーブメントは爆発 …