ロッド・スチュワートの再評価

フェイセズは最高に気分いい。
ロッド・スチュワート(vo)とロン・ウッド(g)の一抹のだらしなさが、それこそほんとうにロックでかっこいい。
ここにロニー・レイン(b)という、このバンドにとって貴重な、美しいメロディーを書くソングライターが存在しているのも強味だ。
はじめてこのバンドを聴く人におすすめなのは、The Best Of Faces: Good Boys When They’re Asleep というベスト盤だ。ロニーのギターの効いたファンキーな Too Bad センチメンタルで美しい Glad and Sorry など、心にからだに浸みてくる素晴らしい曲がたくさんある。そしてなぜか肯定的になれる。気持ちよくノレたり、しんみりしたりする曲ばかりだ。

ロニー・ウッドは現ローリング・ストーンズのギタリストだが、ロッド・スチュワートのほうは、 Da Ya Think I’m Sexy? の大ヒット以降、あの華やかさがあったからのなか、今は低く評価される。
しかしあんな声を持った人はめったにいないし、あんなふうに歌えるヴォーカリストというのもそうはいないのだ。
ロッド・スチュワートのヴォーカルの素晴らしさは、キャロル・キング作曲の、幾多のカバーバージョンのある名曲 Oh No Not My Baby によくあらわれている。
ロッド・スチュワートは、再発見されてもいいのではないか。


Glad and Sorry
Oh No Not My Baby

Recent articles

Einstürzende Neubauten

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ほおずき市の日だった。 それは浅草でノイバウテンのライヴをみた日でした。

Deutschrock der 1980er

ドイツロック 3つの流れ 1980年をはさんで Nina HagenKlaus NomiEinstürzende Neubauten

YONIN-BAYASHI

一触即発 四人囃子 このアルバムほど、日本発の作品であり、洋の東西を問わず、名盤ということのできる一作はないのではないか。 日本語を理解する人が、日本語の曲を聴くとき、どうも気になるのは、その歌詞の部分である。

POST PUNK

パンク・ムーブメントは終焉したのか? パンクときいただけで、あ、あのクズのやつらか、と思う方もいらっしゃるでしょう。たしかにパンクは英語で「ゴミ」という意味です。 1977年、ロンドンにおいて、パンク・ムーブメントは爆発 …