LOU REED

この曲を聴くと、安心させられる。
ルー・リードはゲイであり、ヘロイン中毒者として生きた。
それは社会的には、弱者であるということになる。
しかし彼は負けない、社会に世界に負けない、自分を低くみている相手に負けない。なぜなら、
むしろ正統といわれるものを信じきっている人たちを、高みから見下ろし、嘲っているからだ。


Holly came from Miami, F.L.A.
Hitch-hiked her way across the U.S.A.
Plucked her eyebrows on the way
Shaved her legs and then he was a she
She says, “Hey babe
Take a walk on the wild side”
Said, “Hey honey
Take a walk on the wild side”

ホリーはフロリダのマイアミからやって来た
アメリカ中をヒッチハイクして
旅先で眉毛を引っこ抜き
すね毛を剃ればもう彼女
彼女は言う、”ねえアンタ、裏街道を歩きなよ”
彼女は言う、”ねえアンタ、裏街道を歩きなよ”

*訳 Kuni Takeuchi

そこにルー・リードのタフな部分、つよさがある。途轍もなくむずかしいことが。
「だから何なんだよ」と裏を返して高みへ辿り着き、嘲う。
彼は煌々と頭を上げ、表街道をあるいていた。
だらけ気味のヴォーカルでありながら、強力なパワーをもつかろやかな一曲。
次回は、ルー・リードとはちがう生き方をしたミュージシャンについて、ふれてみたいと思う。

Recent articles

Einstürzende Neubauten

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ほおずき市の日だった。 それは浅草でノイバウテンのライヴをみた日でした。

Deutschrock der 1980er

ドイツロック 3つの流れ 1980年をはさんで Nina HagenKlaus NomiEinstürzende Neubauten

YONIN-BAYASHI

一触即発 四人囃子 このアルバムほど、日本発の作品であり、洋の東西を問わず、名盤ということのできる一作はないのではないか。 日本語を理解する人が、日本語の曲を聴くとき、どうも気になるのは、その歌詞の部分である。

Faces

ロッド・スチュワートの再評価 フェイセズは最高に気分いい。 ロッド・スチュワート(vo)とロン・ウッド(g)の一抹のだらしなさが、それこそほんとうにロックでかっこいい。 ここにロニー・レイン(b)という、このバンドにとっ …