This Is Not a Love Song

The P. I. L. は来日の回数も多く、生で彼らをみた、という方も多いのではないでしょうか。
日本での人気は根強いものがあります。

このバンドを語るとき、ヴォーカル、ジョン・ライドンについてのエピソードは欠かせないでしょう。
セックス・ピストルズのヴォーカル(当時はジョニー・ロットンと名乗っていた)として、独自のプレイをみせていました。親しい友人でもあったシド・ヴィシャスが亡くなり、セックス・ピストルズが解散したあと、ジョン・ライドンは P. I. L. (Public Image Ltd) のヴォーカルとしての活動を始めます。あの独特のヴォーカルが、より洗練され、先鋭的になっています。

名曲 This Is Not a Love Song の、ひねりのきいた感じはたまらなく魅力的です。
The P. I. L. としてのアルバム Flowers of Romance に入っている、 Go Back は、ギタリスト、キース・レヴァンのつきささるようなフレーズが、心身ともに浸みてきます。

GO

BACK

from the album Flowers of Romance
 

このアルバムのタイトル、 Flowers of Romance は、セックス・ピストルズのはじめから終わりまでを描いた、英国の映画 No Future A Sex Pistols Film のなかでも、ジョン・ライドンが、友情を保ち続けたシド・ヴィシャスと一緒にバンドをはじめるなら、この名前にしたかった、と語っていることばです。

 

Recent articles

Einstürzende Neubauten

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ほおずき市の日だった。 それは浅草でノイバウテンのライヴをみた日でした。

Deutschrock der 1980er

ドイツロック 3つの流れ 1980年をはさんで Nina HagenKlaus NomiEinstürzende Neubauten

YONIN-BAYASHI

一触即発 四人囃子 このアルバムほど、日本発の作品であり、洋の東西を問わず、名盤ということのできる一作はないのではないか。 日本語を理解する人が、日本語の曲を聴くとき、どうも気になるのは、その歌詞の部分である。

Faces

ロッド・スチュワートの再評価 フェイセズは最高に気分いい。 ロッド・スチュワート(vo)とロン・ウッド(g)の一抹のだらしなさが、それこそほんとうにロックでかっこいい。 ここにロニー・レイン(b)という、このバンドにとっ …