THROBBING GRISTLE Hamburger Lady discipline united

スロッビング・グリッスル ハンバーガー・レディ

ノイズは静かだ。
なぜこのように、からだになじむのだろう。
スロッビング・グリッスルは、ノイズを追求するミュージシャンのなかでは、むしろメジャーである。
ノイズは、音そのものをさがしてゆくバンドと、ノイズミュージックを求めるバンドとにわかれるといわれるが、スロッビング・グリッスルは後者の方だといえる。

ノイズについて考えるとき、ある本で知ったエピソードを思い出さずにはいられない。1920年代、その後 名監督となったアルフレッド・ヒッチコックは、まだ小さな映画をつくっていた。そのなかで、今ではほとんど観ることはできないが、1929年、恐喝(ゆすり) Blackmail という作品のなかで、正当防衛でありながら、ナイフで人を殺してしまった女性が出てくる。彼女は罪の意識にとらわれているので、朝食の席で、家族が「ナイフをとって」とか、「パンを切るからナイフを」といった会話にびくびくする。このとき、ヒッチコックは1920年代でありながら、朝食の席にいる人々の会話の音声を低くし、ただナイフという単語を浮き立たせている。
これは音響効果ともいえるが、ノイズというものの真髄ともいえるだろう。
このヒッチコックの音響効果の手法は、ノイズという、音そのものにかえってゆく、その考え方をすでに1920年代に理解していたといえるだろう。

このように、ノイズという音楽は、音楽にきこえないほど音そのものをもとめ、しかしよく聴いてみれば、この一音一音こそが、音楽なのではないかと考えさせられるものである。

スロッビング・グリッスルのハンバーガー・レディ、ディシプリン、ユナイテッドなどの名曲は、そのシンプルなビートのくりかえしが、妙に心音や血脈につうじるものがあり、メロディーも特にないのに、なぜか気もちよく感じられるものである。

ノイズ音楽は、1980年代頃、アートの動きとも密接につながった。ノイズはイギリス、ドイツ、アメリカ、そして日本(日本のボアダムスなどは、ニルヴァーナのカート・コバーンも熱心に聴いていたという)だけでなく世界中でこのような動きがあったといえる。旧ユーゴスラヴィアのスロヴェニアでも、ライバッハというすばらしいバンドが生まれている。またスロッビング・グリッスルのメンバー、コージー・ファニイ・トゥッティの、アートの分野での表現活動も印象深い。

COSEY FANNI TUTTI, London

Cabinet, London
September 21 – November 4, 2017

スロッビング・グリッスルは1960年代の後半から、小さなライヴハウスであれ、熱狂的なファンをたくさんあつめていた。
そしてその熱烈な支持者は、今でも変わりなく存在する。スロッビング・グリッスルのビートをぜひからだで聴いてみては ・・・

Recent articles

MCSOLAAR Obsolète

MC SOLAAR Obsolète MCソラー 移民暴動とラップ ふつう、フランス語の歌詞は、英語発のメロディにはのりません。 これは、フランス語、英語のリズムがちがうからかも知れません。 フランス語であり、ロックでき …

NICK CAVE and The Bad Seeds

NICK CAVE and The Bad Seeds The birthday party

BRONSKI BEAT Smalltown

Run away, turn away, run away, turn away, run away

BOB WELCH Angel

フリートウッド・マックブルースとポップ その狭間にあったもの FLEETWOOD MACFuture Games The Other One Heroes Are Hard to Find フリートウッド・マックの歴史は …